こころの案内人のブログ

Original

40代は「おとなの思春期」!?

40代といえば働きざかり。職場では重要なポジションに就き、大きな仕事や部下の育成を任されている人も多いことでしょう。でも、「あれっ?今までと何か違うぞ?」と違和感を覚えることはありませんか。「歳のせい」と片付けないでください。それは「おとなの思春期」に突入したサインかもしれません。

 

40代のこころの中

現在の40代は、バブル景気に新入社員になった40代後半から、バブル崩壊後の失われた10年に新入社員になった40代前半まで、社会に出た時期の環境には大きい違いがあります。しかしながら、その後の経済の浮き沈みを乗り越え現在に至るまでには、40代前半後半にかかわらずご苦労があったのではないでしょうか。
さまざまご苦労を乗り越えてきた40代は、働きざかりの年代。仕事人として脂がのり逞しい印象すらしますが、実は精神的に不安定な時期でもあるのです。そんな40代のこころの中を覗いてみましょう。

1.もはや上昇中の人生ではないという感覚

 

心理学者のユングは、人の一生を一日の太陽の軌道になぞらえ、40代を「人生の正午」と名づけました。人生の午前から午後への転換期という意味です。午前は太陽のように自分自身が上昇していく時期ですが、正午に頂点に達すると下降に転じます。この転換期が人生最大の危機となるだろうとユングは考えました。

この「人生の正午」は、突然に訪れます。時計を見るように「あともう少しで正午だ」と事前に知ることはできないのです。午前の上昇中には、人は「人生はまだまだこれからだ」と無限の可能性を感じます。ところが、ある時その上昇に陰りを感じるのです。それは、いろいろなことがきっかけになります。例えば、身体的な衰えを感じたときなどがそうです。また、仕事に対して頑張りが効かなくなったり、以前のような情熱や喜びを感じられなくなったりすることもきっかけになり得ます。

陰りを感じ始めると、以前とは違う自分に愕然としてしまうこともあります。もはや、自分の人生は上昇中ではないのだということに気づいてしまうのです。

 

2.中年期の危機

40代を「人生の正午」と名付けたユングは、午前から午後への転換期が人生最大の危機になるとし、「中年期の危機」と呼びました。人は、上昇中の午前と同じような生き方を午後に入るとできなくなり、生き方や価値観の転換をはからなければならないことを意味しています。

生き方や価値観の転換とは、今までの人生を否定し、全く違う生き方や価値観を持つということではありません。これまで歩んできた生き方を見つめ直し、その人生をさらに成熟させるにはどうしていくべきかという視点が必要です。ここを勘違いし、今までの人生を白紙に戻すような行動に出ると、人生が狂ってしまう恐れもあります。

 

おとなの思春期をどう乗り越えるか

10代の思春期には、心身の変化に加え、環境や交友関係の変化に戸惑いを覚えます。自分自身をコントロールできなくなったり、変化する自分を受け容れることができずに不安や混乱に襲われることもあります。これらは40代の転換期にも当てはまり、中年期の危機は「思春期のおとな版」といえます。このおとなの思春期をどのように乗り越えていけばよいのでしょうか。

 

1.自分の限界に向かい合う

「もはや、自分の人生は上昇中ではない」と気づくということは、自分の限界に直面するということです。このことを受け容れられないと「もっとほかの人生があるのではないか」という思いに至ります。 そして、ほかの人生を探し始めると、まさに「自分とは何者か」という自分探しをした思春期から青年期のような行動をとることになるのです。しかし、思春期から青年期と決定的に違っているのは「ほかの人生を探したけれども、結局ものにはならなかった」ということが許されない年代だということです。

これは「新しいことには挑戦するな」ということではありません。今までの人生をリセットして新たな人生を探し始めるのではなく、今まで積み上げてきたものを生かしながら今後の人生を考えたほうが良いということです。そのためには、今までの人生を見つめ直す前に自分の限界について向き合っていくことが必要になります。現実を受け容れつつ、これからの人生で自分には何ができるのかということを考えることがおとなの思春期の「課題」であり、課題の達成がおとなの思春期を乗り越えることにつながるのです。

 

2.課題を達成するために

おとなの思春期の課題をうまく達成できないと、自分探しをし続けることになり、何かしらの依存やうつ状態に陥る危険性があります。いったん立ち止まり、今までの人生を振り返りながらしっかりと考えることが重要です。40代の特に男性は、人に相談するということをあまりしませんが、課題を達成し今後の人生を充実させるためには相談することも有効です。相談しづらい内容ではありますが、ひとりで息詰まるようでしたらぜひ助けを求め相談してください。助けを求めることは自分を守るための術のひとつです。

おとなの思春期は、自分をさらに成長させる転換期です。この転換期をうまく乗り越え、これからの人生を実り多きものにしていただきたいと思います。

井上伸郎

井上伸郎

カウンセリングルーム「こころの案内人」代表。 民間教育企業に20年以上勤務し、教室責任者、エリアマネージャー、教務コンテンツ開発、社員研修、内部監査等を担当。うつ病・適応障害の克服やキャリアショックの体験から、働く方々の支援の必要性を痛感しカウンセラーを目指す。2015年にこころの案内人を開業。

ご意見をお待ちしております

ブログ記事へのご意見・ご質問をお待ちしております。

この内容で送信します。よろしいですか?