こころの案内人のブログ

Original

助けてと言えないあなたへ(1)~言えない理由を考える~

「こんなに仕事が大変な状況なら、もっと早くにSOSを出してほしかった。」
「人間関係がつらいなら、相談してくれれば良かったのに。」
このようなことを言われた経験はないでしょうか。

助けを求めた方が良いかなと思いながらも、うまく「助けてほしい」と言えなかったり、手を差し伸べてくれる人に対して、素直に「お願いします」とは言えなかったりするものです。「助けを求めること」は、案外難しいものなのです。今回は、SOSを出せなくしている理由を考えます。
 

性質や考え方が助けてと言えなくしている

 助けを求めることは難しいことですが、何が難しくさせているのでしょうか。それは、その人の持つ性質や考え方です。具体的にどのような性質や考え方なのか考えていきましょう。

1.できれば自分で何とかしたい

 

誰もが、できれば他人の助けを借りずに自分一人の力で何とかしたいと思うものではないでしょうか。

「今はうまくいかないけれど、もう少し頑張れば何とかなるかもしれない。」
「みんなだって自分で解決してるのだから、私も頑張らないと。」

いわゆる頑張り屋さんの考え方です。自分で何とかすることが前提となっていますので、助けを求めるという発想すらなく、当然助けを求めることなどしないと考えられます。

 

2.迷惑をかけたくない

助けを求めることで相手に迷惑をかけるのではないかと心配する人も多いようです。

「私が助けを求めたら相手の仕事にも影響が出てしまう。そんな申し訳ないことはできない。」
「こんな相談をしたら、相手も悩んで暗い気持ちになってしまうのではないだろうか。」

相手に対する遠慮や申し訳ないという気持ちが、助けを求めることをためらわせていると考えられます。

 

3.さまざまな不安や恐れ

「助けを求めることによって自分が嫌な気持ちになるのではないか」という不安や恐れが、行動を阻害することもあります。過去に助けを求めた時に嫌な思いをした経験がある場合などは、その不安が強くなります。

「前に手伝ってほしいとお願いしたら、ため息をつかれた・・・。」
「そんなことも分からないのかという顔をされた。」
「自分の意見ばかり一方的に聞かされて、かえって疲れてしまった。何も解決しなかった。」などという経験です。

また、相手は快く助けてくれたとしても、周囲の目が気になってしまう場合もあります。
職場であれば同僚や上司の目です。上司の目は、自分の評価に影響するのではないかという不安にも結びつきます。学校であれば、友だちや先生の目。家庭であれば親や義父母、夫、妻の目。あるいはご近所の目です。
「きっと周りの人たちは、自分をこう思っているに違いない。」という思い込みが、「助けてほしい」と言いにくくさせていると考えられます。

 

4.自分の弱みを見せたくない

助けを求めるということは、助けてくれる相手に自分の弱みを見せることでもありますが、弱みを見せたくないという気持ちを持つ人もいます。

「今さら、そんなこと聞けないよ。」
「妻に相談なんかしたくない。」
「こんなことで悩んでるのは、自分だけではないだろうか・・・。」

これらは自尊心があるからです。いわゆる「プライドが傷つく」というもの。
自分の弱みを見せることが、助けてくれる相手にとどまればまだしも、周囲の人たちにも知れるのではないかという不安も重なると、さらに助けを求めにくくなります。

 

環境が助けてと言えなくしている

人の性質や考え方だけでなく、その人を取り巻く環境が助けてと言えなくしていることもあります。その環境について考えていきましょう。

1.控え目・察することを奨励する日本文化

 日本の文化は、謙譲を美徳としています。謙譲の美徳とは、自分を低く見せることによって相手を高め、尊敬するという気持ちですが、同時に控えめを奨励するものでもあります。控え目で事故を抑制することが尊ばれてきたのです。「言わぬが花」「秘すれば花」「能ある鷹は爪を隠す」などは、謙譲を美徳とする日本人の行動が表れています。

「空気を読む」という言葉が頻繁に使われていますが、元々日本人は、相手の気持ちや場の雰囲気を察することに気を配ります。相手に察してもらうことを前提としており、自己主張を控え言いたいことをぼやかす傾向につながっています。
「以心伝心」「阿吽の呼吸」「流れを汲みて源を知る」などは、察することの美徳を表現した言葉です。

 さらに、日本人は遠慮する傾向があります。遠慮という言葉が「控えめに振る舞う」という意味になったのは江戸時代からのようですが、この遠慮も日本人の行動をかなり規定しています。

 古くより綿々と受け継げられてきた日本文化に影響を受けるのは無理のないことです。皆さんも、あからさまな自己表現を控えることはありませんか?自己表現を控えるということは、自分の言いたいことを抑制することです。そこに遠慮が加われば、助けを求めることにブレーキがかかるのは頷けることだと言えるのではないでしょうか。

2.自立の捉え方

 昨今、学校教育や企業の人材育成の場で使われている言葉に「自立」があります。
筆者は、自立とは「主体的に考え行動できること」と捉えています。一方、今叫ばれている自立は、人に頼らずに自分の力で物事を行うことという側面の方が強調されているように思います。

 もちろん、自分の力で行動し課題を解決することは大切なことではありますが、必ずしも全てのことが自分の力で解決できるとは限りません。まだ、ひとりで解決する力が備わっていない場合もありますし、力がある人でも時には弱ってしまうこともあるでしょう。そのような時には、「主体的に」助けを求めても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 助けてと言えなくしている理由を、人の性質や考え方とその人を取り巻く環境という2つの側面から考えてきました。助ける側にいる方も、助けを求める方の気持ちを理解した上で援助をすると、それ以降の関係も良好になるのではないでしょうか。ぜひ、参考にしていただければと思います。
 環境を変えることは難しいですが、自分の考え方を変えることはできるはずです。次回のブログ記事では、どのようにしたら考えを変え、うまく助けてほしいと言えるようになるかを考えていきます。

 

【関連記事】

『助けてと言えないあなたへ(2)~言えるスキルをもとう~』

 

井上伸郎

井上伸郎

カウンセリングルーム「こころの案内人」の代表。セクシュアリティに関わらず様々な方々の「悩みの解決」や「目標の達成」を、解決志向型カウンセリングによってお手伝いしています。

ご意見をお待ちしております

ブログ記事へのご意見・ご質問をお待ちしております。

この内容で送信します。よろしいですか?