こころの案内人のブログ

Original

木の芽どきには気をつけよう~五月病対策~

「木の芽どきには気をつけろ」ということばがあります。木の芽どきとは、木々に芽が吹き新緑が鮮やかになる時期のことです。ちょうど五月頃がそれに当たりますね。つまり、五月頃には体調に気をつけろという意味なのです。「五月病」ということばまであるこの時期。どのように気をつけて乗り越えていけばよいのか考えていきましょう。

 

「五月病」の症状と原因

 

五月病という病名の病気はありません。もともとは、新入生や新入社員が五月になると体調を崩したり、やる気を失ったりすることを指していました。しかし、最近は新入社員に限らずゴールデンウィーク明け頃から調子を崩す状況を五月病と呼んでいるようです。では、五月病の症状や原因を見てみましょう。

   

1.五月病の症状

五月病の症状は、精神的なものだけではなく身体の不調も含まれます。主に次のような症状です。

・胃が痛む、食欲がわかない
・眠れない、眠りが浅い、疲れが取れない
・めまいがする
・やる気が起きない、気分が落ち込む

 

2.五月病の原因


新年度になると、新しい環境で過ごす人が多くなります。新入生や新入社員はもちろんですが、人事異動などで新しい部署に配属される場合も環境が変化します。昇進により立場が変わる人も当てはまります。この場合の環境の変化とは、通学や通勤の場所、仕事内容、生活する場所、生活サイクル、人間関係などの変化です。

人は、環境の変化に適応していきますが、新年度のように複数の変化が一度に起こると適応しきれなくなり、それがストレスとなります。人事異動により新しい部署に変わると、当然新しい人たちと仕事をするようになります。早く皆と打ち解けて仕事を覚えようとしたり、新しい上司の様子を伺ったりすることが、知らず知らずのうちに緊張とストレスを起こしています。
4月を何とか乗り切るとやってくるのがゴールデンウィーク。ここでリフレッシュできればよいのですが、緊張の糸が切れることでむしろ疲れが出てしまい、気力低下や体調不良を起こしてしまう、これが五月病の原因といえます。

 

五月病の予防と対処  

 

1.ゴールデンウィークの過ごし方 

まず、ゴールデンウィークを大いに楽しみましょう。中途半端に仕事のことを考えたりせずに、今に目を向け楽しんでください。ただし、疲れすぎには注意。過密スケジュールにならないよう休養の時間を設けておくことがポイントです。

そして、最も大切なのが連休最終日の過ごし方です。ポイントは3つ。
①早めに床につくこと。②一日中だらだら過ごさない。③明日の準備をしてから就寝する。
最終日のギリギリまで遊んでしまい疲れを持ち越すことのないよう、いつもより早く就寝してください。また、一日中だらだら過ごしてしまうことも避けた方がよいです。最終日なので疲れをいやそうとする気持ちはわかりますが、かえって夜に眠れなくなる可能性があります。連休中にリラックスモードになった身体を徐々に通常モードに切り替えていくためにも、最終日は心地よい疲れを感じるくらいの軽い運動などをして過ごすことをお勧めします。いくら早めに寝ても連休明けの初日は憂鬱なもの。いつもよりも準備に時間がかかります。それだけでもストレスになるので、出勤準備に時間がかからないように前日にしっかりと準備しておくようにしましょう。心の余裕を持って連休明けの初日に出勤することが大切です。

 

2.ストレスをためない

 

ストレスをなくすことは難しいですが、たまらないようにすることは可能です。「その日のストレスはその日のうちに処理」を心がけましょう。ストレスをその日のうちに処理するためには、生活習慣に気をつけることが有効です。仕事が終わったら気持ちを切り替え、趣味や軽い運動などで気分転換を図る、きちんと食事をする、十分に睡眠を取る、こういったことを心がけてください。ストレスを感じるとついついダラダラとしてしまいがちですが、ここは踏ん張りどころです。親しい人と会ったり趣味を持ったりするなど、リラックスできる時間を作ることも有効です。

 

3.完璧を求めない・早めに相談

仕事に一生懸命取り組み完璧を期そうとする人ほど、ストレスをためる傾向があります。一生懸命に取り組む姿勢は大切なことですが、「完璧であらねばならない」という思いに縛られると、自分を苦しめたり責めたりすることにつながります。「新しい職場環境に早く慣れなければならない」「早く実績を出さなければならない」といった「べき思考」にとらわれずに、肩の力を抜いてみましょう。
このブログで度々申し上げていますが、相談することも大切です。決して自分一人で抱え込まずに、家族や友人、同僚などに相談してみてください。悩みを打ち明けるだけでもストレスは軽減するはずです。

また、「意欲がわかない」「気分が落ち込む」といった精神的な不調や、「胃痛・頭痛・食欲不振・不眠」といった症状が2週間以上続く場合は、うつ病の可能性があります。気になる場合は、メンタルクリニック等に相談されることを強くお勧めします。

 

まとめ

五月病の症状は、新人だけでなく誰にでも起こる可能性があります。ストレスをためないことが一番の予防ですが、症状が気になる場合は早めに相談や受診するようにしましょう。五月病は怠け病ではありません。うつ病に発展しないように早めに対処していきましょう。

井上伸郎

井上伸郎

カウンセリングルーム「こころの案内人」の代表。ゲイのビジネスパーソンカウンセラーとして、セクシュアリティに関わらず様々な方々の「悩みの解決」や「目標の達成」をお手伝いしています。異性愛者中心の社会の中において、今まさに懸命に生きている当事者の気持ちに寄り添い、悩みを解決することを使命と位置づけ活動しています。

ご意見をお待ちしております

ブログ記事へのご意見・ご質問をお待ちしております。

この内容で送信します。よろしいですか?