こころの案内人のブログ

Original

私が、LGBTではなくゲイのカウンセラーと名乗る理由

私は「ゲイのビジネスパーソン・カウンセラー」として活動をしていますが、「LGBTカウンセラーではないのですか?」とか「ほかのセクシュアリティのカウンセリングはしないのですか?」と聞かれることがあります。今回は、「ゲイのカウンセラー」と名乗っている理由について、LGBTという言葉の意味も含めて書かせていただきます。

LGBTとは何だろう?

「LGBT」と言う言葉が頻繁にメディアに登場しています。その意味について簡単に説明させていただきます。

LGBTとは頭文字をとった言葉

 
  
 LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の各語の頭文字をとった言葉です。これらは、それぞれ別のセクシュアリティで、一人の人間が兼ねることができる要素もあれば、できない要素もあります。例えば、ある痛ましい事件において「LGBT男性」いう表現で報道されたことがありますが、それは誤った使い方です。「Lであり、かつG、B、Tである男性」というのは、存在しないからです。
 また、LGBTがセクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称として使われている場合がありますが、「LGBT=セクシュアルマイノリティ」ではありませんLGBTという言葉で一括りにすることができないセクシュアリティがあるからです。

 ここで、「性的指向」と「性自認」いう言葉について触れさせてください。
 性的指向とは、どの性別の人が恋愛感情や性的欲望の対象になるかという意味です。この言葉のポイントは、「個人の性別」と「恋愛感情や性的欲望の対象となる性別」とは連動せず独立しているということです。一方、性自認とは、自分の性別をどのように認識しているかということです。 これらのことを踏まえて読み進めていただけますと、理解しやすいのではないかと思います。

L(レズビアン Lesbian)、G(ゲイ Gay)

 レズビアンとゲイは、それぞれ女性同性愛者、男性同性愛者のことです。レズビアンをレズと省略したり、男性同性愛者をホモという言葉を用いたりすることは、当人が自ら使う場合を除けば、避けた方が賢明です。それらの言葉には侮辱の意味が込められて使われてきた歴史があるからです。
 また、世間では「ゲイは女性的、レズビアンは男性的」と決めつけられがちですが、もちろんそのようなことはありません。性的指向で説明した「個人の性別と恋愛感情や性的欲望の対象となる性別の独立性」を思い出していただければ明らかですよね。ゲイは「男性が好きなのだから、きっと女性的なのだろう」ではなく、あくまで性的指向が男性に向けられている男性です。レズビアンも同様に表現できます。

B(バイセクシュアル bisexual)

 バイセクシュアルとは、性的指向の対象が男性と女性の両方である人を指します。つまり、バイセクシュアルの方々は、異性愛と同性愛の両面を持ち合わせているわけですが、それらが常に共存している方もいれば切り替わる方もいます。また、異性と同性双方を必ずしも同じように愛するわけではなく、異性愛と同性愛の間にグラデーションのように位置していると言えます。性的指向によってカテゴライズすることの難しさがお分かりいただけると思います。

T(トランスジェンダー transgender)

 トランスジェンダーとは、割り当てられた性別と自分が認識している性別とが”何らかの意味”で異なる方々を指します。”何らかの意味”について一つ例を挙げますと、生まれた時に割り当てられた身体的な特徴による性別に対し、異なった性自認を持つということです。性自認は女性なのに身体は男性のものである、あるいはその逆などです。(この方々は、トランスセクシュアルと呼ばれています。)
  誤解されている方も多いのですが、「トランスジェンダー=性同一性障害」ではありません。性同一性障害とは、トランスセクシュアルの方で、性自認に適合するように医療によって身体を変えたいと望んだ場合の診断名です。トランスセクシュアル(あるいはトランスジェンダー)の方すべてが身体を変えることを望んでいるわけではないので、イコールとは言えないのです。
 

LGBTカウンセラーと名乗らないのは・・・

ゲイは、セクシュアルマイノリティの一要素

 
 

 ここまで読んでいただいた方には、ゲイというのはセクシュアルマイノリティの一要素であることがお分かりいただけたかと思います。つまり、私はセクシュアルマイノリティ(あるいはLGBT)の一要素である「ゲイ」のカウンセラーと名乗っていることになります。しかし、ゲイ以外のセクシュアリティを軽んじているとか、ご相談は受けないとか、そういったことは決してありません。ヘテロセクシュアル(ストレート)の方々のご相談もお受けしています。

 それでもなぜ、ゲイのカウンセラーと名乗っているのかその理由のひとつ目をご説明します。

 繰り返しお伝えしていますが、私が、自分がゲイだとカミングアウトして活動を行っているのは、「セクシュアリティも含めて自己開示をした方がカウンセリング効果が高まる」との考えから、ご相談者の自己開示のハードルを低くするためです(注)。つまり、カウンセラーが当事者である方が、話しやすいと思っていただけるのではないかと考えたからです。そのことを最も説得力を持って伝えるために、自分のセクシュアリティである「ゲイ」のカウンセラーと名乗っています。

 もうひとつ理由があります。それは、私自身がゲイ以外のセクシュアリティについてはまだまだ勉強中であるからです。(勉強中なのに相談に応じるのか、というご批判は真摯に受け止めさせていただきます。)
 例えば、ご相談にいらっしゃる方の職業はさまざまですが、その職業について知識が無くてもカウンセリングを行うことはできます。寧ろ「できなくてはプロではない」とも言えるでしょう。ですから、セクシュアリティが違ってもカウンセリングを行うことはできるのです。しかし、私としては、しっかりとした知識を持つとともに、ゲイと同じくらいの肌感覚で悩みを捉えられるようになって初めて、セクシュアルマイノリティのカウンセラーと名乗りたいと考えています。

 セクシュアルマイノリティの方々のカウンセリングを行うには、カウンセリングスキルがあるというだけでは不十分です。その専門ならば尚更のことです。私は、引き続き自己研鑽を重ねつつ活動を続けてまいります。未熟な私ではありますが、相談したい、話をしてみたいと思っていただけなしたら、真摯に対応させていただきます。

(注)カミングアウトを奨励する、あるいは強制するという意味ではありません。カウンセリング効果を高める要素の一つとして提案していることです。カウンセラーに対して何を話すかは、すべてご相談者の判断で構いません。

ご意見をお待ちしております

ブログ記事へのご意見・ご質問をお待ちしております。

この内容で送信します。よろしいですか?