仕事やキャリアに悩むあなた

年代で異なる仕事の悩み

あなたは、今何歳ですか?
仕事の悩みは、労働時間や給与、人間関係といった各年代共通の悩みのほか、年代ごとの傾向があるようです。
年代別の代表的な悩みを以下に示しますが、あなたに当てはまるものはあるでしょうか?

◆20代の代表的な悩みは、仕事の適性に関すること
理想の職場と思って入社したものの現実は異なり苦しむ方や、仕事が覚えられずに悩む方も多いようです。疑問を持ちながら働くことに耐えられずに退職してしまい、自分探しが始まる人が出るのもこの年代の傾向です。

◆20代後半から30代は、大きな仕事を任される機会が増加
仕事上での対立や批判を受けてストレスを感じる方も多いようです。会社の体質や将来性も気になり、転職を考える時期でもあります。

◆30代後半は、ポストや評価が気になる年代
同僚と比較して満足のいく評価が与えられない場合、そのストレスは大きいでしょう。一方、昇格しても、思うような成果が出せずに悩む方も多いようです。上司と部下との板挟みや、プレイング・マネージャーで多忙を極めるなど、疲労が蓄積しやすい時期でもあるので、注意が必要です。

◆仕事に貢献し続けてきた40代後半
現在のポストに満足はしていない人も多いでしょう。しかし、努力によってさらに上のポストを勝ち取るということも難しくなる時期です。「これで良かったのだろうか」という疑問が頭をよぎる年代です。自分の人生に迷いが生じ、停滞感に襲われるのもこの年代の傾向です。

解決に向け、メンタル・キャリアの両面から支援します

  • 職場環境や仕事内容が自分に合わず、出社するのが辛い。
  • 仕事で失敗が多く悩んでいる。
  • 希望の仕事をすることができない。
  • 自分のやりたいことがわからない。
  • 上司の評価に納得がいかない。
  • 昇進してから仕事がうまくいかなくなり悩んでいる。
  • 職場を辞めようかどうか悩んでいる。
  • 職場での自分に限界を感じ、不安から抜け出せない。 
  • 自分のキャリアプランについて不安がある。    など

仕事の悩みについては、置かれている状況も、その状況の捉え方も人それぞれです。「こころの案内人」では、仕事の悩みに対しメンタル(心理面)とキャリアの両面からアプローチしてまいります。

心理面の問題が大きい悩みには、しっかりご相談者に寄り添って解決へ導きます。カウンセリングは、ご相談者の状況やお気持ちを聴かせていただくことから始めていきます。ご相談者のペースで結構ですのでお話を聴かせてください。その後、問題点や解決策について、ご相談者の気づきを引き出すように進めていきます。

一方、キャリアがメインの悩みでも、その背景に心理的な問題が存在する場合が多くあります。まず、ご相談者のお話をしっかりと聴かせていただきます。問題点を把握した後、具体的な解決策をご相談者とともに探っていきます。キャリアのご相談にもカウンセリングマインドを持って支援をしてまいります。

解決志向型カウンセリング
カウンセリングメニュー