カウンセラー プロフィール

カウンセリングルーム「こころの案内人」代表
ゲイのビジネスパーソン・カウンセラー
井上伸郎(いのうえ のぶお)


1963年生まれ 宮城県仙台市出身
・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
・キャリアコンサルタント(国家資格)
・中央労働災害防止協会 心理相談員

こんにちは。「こころの案内人」代表の井上伸郎と申します。
セクシュアリティに関わらず、さまざまな方の悩みを解決するカウンセラーとして活動しています。
主に、「仕事やキャリア、自分の生き方に関する悩み」「自分の性格やセクシュアリティに関する悩み」「人間関係に関する悩み」などに対し、「解決志向型カウンセリング」という方法で、こころとキャリアの両面からサポートしています。

私は、高校2年の時に自分はゲイであると確信しました。不安はありましたが、比較的早く受け入れることができ、強い葛藤は無かったと記憶しています。進学した高校に馴染めず成績が急降下。無気力な高校生活を送っていましたので、その虚無感から逃れるため、ゲイであることに“自分”を求めていたのかもしれません。

東京で就職後、30歳で大手学習塾(東証一部上場企業)に転職。延べ500人以上の生徒・保護者と面談し、一人ひとりに合った学習プランを提案した結果、担当教室過去最高の生徒数を達成することができました。この経験は、相手の気持ちを受け止めながら話を聞くことの大切さを私に教えてくれたと思います。その後、重要なプロジェクトに参加し、中心メンバーとして成果を出すべく全力を尽くします。

ところが、その途中で過労や人間関係のストレスからうつ病を発症。背景に「ゲイは人一倍頑張らなければならない」「後ろ指をさされたくない」という思いがありました。とっくに受け入れたつもりだった「ゲイであること」が、実は自分を追い込んでいたことに気づくことになります。

一方で、皆に迷惑をかけたくないという気持ちが強く、復職後は直ぐに仕事に邁進。プロジェクトを成功に導くことができました。しかし、ムリな頑張りによってうつ病が再発。ようやく復帰したものの、社内に自分の居場所は無いのではないか、という思いを強く持ちます。非常に苦しい時期でしたが、自分を見つめ直すことで乗り越えることができました。

2015年、以前から学んでいたカウンセリングと苦しみを克服した体験を生かし、カウンセリングルーム「こころの案内人」を開業。「相談者が持つ力」を信じ、常にこころの声に耳を傾けながら、多様な方々の悩みを解決するため、全力でサポートを続けています。



こちらのブログ記事もお読みいただけますと嬉しいです。
『私がゲイであることを公表してカウンセラー活動をする理由』
『LGBTカウンセラーと名乗らない理由~言葉の意味も含めて~』

【略歴・資格】
1993年~2014年
学習塾(東証1部上場)に勤務
教室長として延べ500名以上の生徒、保護者の学習カウンセリングを行う。
その後8年間、マネージャーとして、教室の運営・経営管理や社員の採用・育成・研修を担当。
また、キャリア教育や生徒の自立促進の研究部門の責任者として、コンテンツやセミナーの開発を行う。        

2015年~     
「こころの案内人」代表

・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー(東京支部会員)
・中央労働災害防止協会 心理相談員
・キャリアコンサルタント(国家資格)
・メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅲ種(セルフケアコース) 


はじめてお越しの方へ

お役に立てる3つの理由

カウンセリング メニュー

カウンセリングの場所と料金

ご予約/お問い合わせ

各カウンセリングのご予約やお問い合わせは、下記の「ご予約・お問い合わせフォーム」からお願いいたします。
ご予約いただきました日の翌々日までにメールにてご連絡いたします。

この内容で送信します。よろしいですか?