ご挨拶 ~プロフィール~

はじめまして。
カウンセリングルーム「こころの案内人」の代表、井上のぶおと申します。
「こころの案内人」では、カウンセリングを通じて、皆様の「わかってほしい」「解決したい」「変わりたい」というお気持ちにお応えしています。

カウンセラーとは、何かをアドバイスしたり教えたりする人ではありません。ご相談者が、自らさまざまな気づきや解決策を得られるよう、寄り添う「伴走者」のような存在です。ご相談者が道に迷わず、目的地までしっかり案内する存在でありたいと願い、「こころの案内人」と名乗っています。

カウンセラープロフィール

カウンセリングルーム「こころの案内人」代表
井上のぶお

1963年生まれ 宮城県出身
・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
・キャリアコンサルタント(国家資格)
・中央労働災害防止協会 心理相談員

【職業人としての私】
21年間大手学習塾(東証一部上場企業)に勤務。教室の責任者として、生徒一人ひとりに適した学習プランを提案した結果、担当教室過去最高の生徒数を達成することができました。この経験を通じ、相手の気持ちを受け止めながら話を聴くことの大切さを知ることができ、以降の仕事にも生かすことができたと思っています。
マネージャーを経て教務部門を担当し、重要なプロジェクトに参加。生徒の主体性を引き出す指導法の開発を担当します。この時に、心理学に触れ興味を持ったことが、後にカウンセリングを学ぶきっかけになります。

【カウンセラーとしての私】
仕事が大好きであった私ですが、いつの間にか過重労働に陥り典型的な過労うつによる休職を経験します。復職後にうつ病を克服した経験から、「同じように苦しんでいる方を支援したい」という思いが芽生え、それがカウンセラーを目指すきっかけとなりました。また、メンタル不調についての理解が進んでいない現実を肌で感じ、情報提供の必要性も感じていました。
カウンセリングを学ぶ中で、さまざな心理療法との出会いが私に大きな影響を与えます。カウンセラーになるきっかけであった「苦しみを癒したい」という純粋ではありますが未熟さも残る考えから、「悩みの解決を通じて“個”を確立する」という考えに発展していったからです。
ご相談者の気持ちを受けとめ悩みを解決するのはもちろんですが、その後の人生においても活用していただけるよう「ストレスに対応できるスキル」すなわち、「セルフケアの方法」を伝えることにも力を入れています。

【略歴】
1993年~2014年
学習塾(東証1部上場)に勤務
教室長として延べ500名以上の生徒、保護者の学習カウンセリングを行う。
その後8年間、マネージャーとして、教室の運営・経営管理や社員の採用・育成・研修を担当。
また、キャリア教育や生徒の自立促進の研究部門の責任者として、コンテンツやセミナーの開発を行う。
2016年~
「こころの案内人」代表
併せて、コールセンターにて月に200件程度のメンタルに関するご相談をお受けし対応しています。

初めて訪問された方へ
カウンセリングメニュー