お役に立てる3つの理由

「解決」に焦点を当てたカウンセリングであること


 悩みとその原因が、1:1の関係である場合は、その原因を取り除くことによって悩みは解決されます。しかし、私たちが抱える悩みや問題は、そのように単純ではありませんよね。複数の原因が絡み合ったり、気がつくと新たな原因が生まれたりしています。その原因一つ一つを特定していくことは大変な時間がかかります。その分、ご相談者の負担にもなっていきます。
 「こころ案内人」では、問題よりも解決に焦点を当てた「解決志向型カウンセリング」を行っています。問題を追いかけ過ぎない分、比較的短期間でカウンセリングを終了することが可能です。

 「解決志向型カウンセリング」では、「解決する力」あるいは「解決する力になり得るもの」は、ご相談者自身が”既に持っている”と考えます。その力を引き出し実際に解決していくことで、ご相談者の自信につながり、以降の人生においても応用していくことが可能になります。

「解決志向型カウンセリング」の説明は『コチラ』

解決に焦点を当てる前に、しっかりとお話をお聴きすること


 カウンセリングにおいて「しっかりとお話を聴く」ことは当然のことです。悩みや苦しみの真っただ中にいる方は、どうしてもネガティブなことに目が言ってしまい、未来や解決に目を向けることができません。そのような場合、いきなり解決イメージを持てと言っても無理なことです。

 「こころの案内人」では、ご相談者のお話を受けとめながらしっかりお聴きし、そのお話の中に少しでも「解決の力」が隠れていないか見つけだしていきます。まずは、こころの奥に閉まっていたものをぜひ言葉として発してみてください。

 

メンタル・キャリアの両面からサポートできること


 働く方の悩みの多くは、職場や仕事に関する問題です。メンタル不調の陰にキャリアの問題が存在することは少なくありません。その場合、メンタルのケアだけでなく、現実的な考え方も含めたキャリアのサポートも必要になってきます。
 「こころの案内人」のカウンセラーは、産業領域のカウンセラー資格だけでなく、キャリアコンサルタントの資格も保有しています。また、カウンセラー自身も企業でのマネジメントを経験しています。

 キャリアとはワークキャリアだけでなくライフキャリア、すなわち生活や生き方の問題も含んでいます。「こころの案内人」では、そのどちらにも対応しています。
 カウンセリングというと躊躇してしまうという方は、”キャリアの相談をする”という捉え方でご相談なさってはいかがでしょうか。ご相談者のリソースを見つけ共に考えるという解決志向の姿勢で支援させていただきます。

こころの案内人とは

対面でのご相談

メールでのご相談

「対面でのご相談」ご予約/お問い合わせ

各「対面でのご相談(対面カウンセリング)」のご予約やお問い合わせは、下記のフォームからお願いいたします。
確認メールが自動で送信された後、ご予約いただきました日の翌々日までにメールにて詳細をご連絡いたします。

「メールでのご相談」お申し込み

「メールによるご相談」のお申し込みやお問い合わせは、下記のフォームからお願いいたします。
確認メールが自動で送信された後、本日中にメールにて詳細をご連絡いたします。

【こころの案内人について】

【カウンセリングについて】

【情報ブログ最新記事】